一人暮らしの面倒くさいが消える

もう6年目になるけど、一向に目が出ない。一人暮らしから立派な家を目指すのが当面の目標。一緒に頑張ってくれてる相方の為にも、もうこれ以上くすぶっている訳にはいかない。

仕事が終わりアパートへ戻る。今日は地方でのライブだった。高速バスでの移動はいつも疲れきって、帰っても何もする気がしない。けど、珍しく浮かれていて疲れは感じなかった。先日うけたオーディションが合格し、初めてのテレビ出演が決定。考えれば考えるほどテンションが上がっていく。そのせいか一人暮らしだと面倒くさい料理や洗濯が苦にならない。現金なんだな、今まで気がつかなかったけど。明日はさっそく相方とネタの練習だから気合が入る。

一人暮らしの部屋の空気が一変

家に西川がやって来た。一人暮らしの部屋は男2人が入ればむさ苦しい。散らかし放題だから余計に狭く見える。だけどいつになく真剣で、そのせいか空気がいつもより暑く感じられる。深夜番組のワンコーナーとはいえ、他に何組か若手芸人が出演する。出演時間はわずかとはいえ気が抜けない。面白いネタを見せて、次の仕事に繋がればいいけどな。ここはこの台詞でいいか?もっと面白くならないかな、と聞いてくる。相方がやたら熱心なことにちょっと驚くが、随分張り切ってるんだなと感じる。

一人暮らしのアパートでの喧嘩

しかしそのうち、構成そのものを変えないか、このボケはいまいちじゃないのか、と言い出す。いやそれは必要だろ、そこは大事なところだろ。ネタの大事な、どうしても譲れない箇所まで口出ししてくるので、ムキになって言い返す。それよりももう少しお前のツッコミがな、と大声をあげる。いつしか一人暮らしのアパートに男2人の大声が響き渡る。いったい、どうしたいんだ。いつも俺まかせでここまで干渉してくることはなかったのに。そう思いつつも喧嘩を止めることができなかった。

Copyright 一人暮らしから立派な家を目指す 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します